車一括査定 最終査定額が出てから注意したいこと

少しでも車を高く売りたいのなら、ひとつの車買取り業者に査定を依頼するよりも、
複数の業者にまとめて依頼できる、一括査定サイトを利用することが近道です。

メールや電話などで簡易的な査定額の提示を受けた上で、
実際に車を見てもらって最終査定額が決定するわけですが、
この最終査定額が出てから注意したいことについてまとめてみました。

車じゃなくて家系の売却査定も存在するのですが家を早く売る方法は税金関係のことなど参考になります。

A社の見積もり金額をB社に提示して交渉するのはアリ?

もちろんアリです。これができるのは複数社に査定依頼するからこそ、
相見積もりをとるからこそできる金額交渉だといえます。

まあ、最初に提示してくれた査定額をそのまま受け取って、
その中から高く買い取ってくれる業者を選ぶだけでも、
複数社で査定してもらう意味はあるといえばありますが、
例えばB社が95万円の査定額だったとして、

「A社は100万円で買い取ってくれるとのことですが、
もうちょっと頑張ってもらえませんかねえ・・・。」

というような交渉で、業者が本気で買取りたい場合なら

「わかりました103万円でいかがでしょう?」
という話になる可能性もあります。

ただし、この場合に査定士(営業マン)の様子を良く伺いながら、
どのように交渉したら良いか?ぐらいの気遣いは必要だと思います。

車を売る側は、お金を払って買い取ってくれる業者に対してはセールスマンでもあるわけです。
お金を払う側の逆の立場だったとして、当たり前のように
「A社は100万だったよ、105万出してよ。」
などと言われたら良い気分ではないはずです。
まるで「もっと金出せや~!」とでも言っているようなものです。

ただし、虚偽の査定金額を提示して交渉するのはルール違反です。
このあたりは交渉する際のマナーだと考えましょう。
また、もしもあまりに高い査定額を提示して交渉したとしても、
業者もプロですからその金額はありえないなと、見抜かれてしまうでしょう。

査定額を口頭だけで提示する業者って?

最終査定額を口頭だけで伝えて、査定見積書など書面での提示を嫌がる業者もいます。
もちろん書面で提示してもらえたほうが、言った言わないなどのトラブルを避けられますし
売る側としても安心できますが、こういった書面を他社に見せられてしまうことを
業者は嫌う傾向にあります。

そういった意味では、見積もり書がある場合の交渉でも、
口頭だけでの交渉のほうがスマートだともいえます。
大手業者の場合だと、ほとんどの場合が見積もり書で提示してくれる場合がほとんどですが
、必ずしもそういった業者ばかりではないということも覚えておきましょう。
口頭で査定額を提示された場合には、忘れないよにしっかりとメモをとることをお忘れなく。

査定の際に確認しておきたい

買取り時にかかる手数料を確認

車を買取り業者に売却する際には、ほとんどの場合が手数料はかかりません。
といいますか、廃車以外の車の売買で必ず必要となる手続きが名義変更手続きです。

この手続きの際に必要となる書類として、住民票と印鑑証明があり、
これはご自身で用意しなければなりませんのでこの費用は別にして、
移転登録手数料やナンバープレート代などが必要となります。
多くても3,000円未満でしょう。

この費用は査定額に含まれていることが多く、別途請求されることは少ないですが、
念のため確認しておいたほうが、トラブルの防止にもなります。

リサイクル料、自賠責保険、重量税、自動車税は還ってくる

また、リサイクル料金、自賠責保険、重量税、自動車税も
残月分があれば、基本的には還ってくるものです。
しかしこの分についても、査定額に含まれているケースがほとんどです。
やはり査定額が提示される際に、確認しておくことが重要です。

遠方からの出張査定では出張料金を要求される場合も

一括査定からの申し込みでは、比較的近い地域の買取り業者に依頼することになりますが、
車種などによってはある程度距離のある業者での査定となる場合もあります。
この場合には、交通費などの名目で出張査定料金が必要となる業者もありますので、
確認しておきましょう。

査定額には有効期限がある

本来なら複数社からの査定額を比較して、じっくりと時間をかけて選びたいところですが、
各社の査定額には有効期限があります。

というのも買取り業者の査定額はオートオークションの相場をにらみながら決定するわけですが、車種とタイミングによっては一日で10万円の差がでることもあります。
長くても1週間~2週間程度、短ければ今日だったらこの金額。という提示額である場合もあります。
このあたりはケースバイケースですのでやはり確認しておくべきでしょう。

納得できたらいよいよ売買契約

さて納得できる査定額を提示してもらい、先述のような確認すべき点も確認。
いよいよ売買契約となります。契約書上での金額はもちろん確認し、他の条項はついつい面倒で読み飛ばしてしまう方も多いかと思いますが、きちんと一通り目を通しましょう。

買取り業者に売却する場合には、契約すると同時に業者オークションに出品される
といった例も少なくありません。もしもこちらの都合でキャンセルとしたい場合にも、
違約金が必要となるタイミングなどの取り決めが明記されているはずです。

よくあるのが、契約と同時にオークションでの売却が決定してしまい、
キャンセルができなくなるといった例です。この場合通常違約金を払えばキャンセル可能ですが、
このタイミングなどについての特記事項(特別な査定額なのでキャンセル不可など)といった記述があったりします。

特に相場よりも高い値段で買い取ってくれる場合に起こりやすいパターンです。
なぜならその車はオークションでも需要が高いため、すぐに売れると判断し高い査定額をつけられる、
売れ残るリスクの少ない車種だからです。

実際にお金が振り込まれるまで油断できない

さて、最後になりますが、売買契約も終わり車両の引渡しも終わり、
あとはお金の振り込みを待つだけ、という段階になっても油断は禁物です。

例えば、売却した車に重大な欠陥が見つかったならどうでしょう?
この場合、契約書を交わしていますから基本的には減額やキャンセルなどはできないわけですが、
売る側が重大な欠陥を知っていながら業者に伝えなかった場合、
査定時に確認できなかった重大な欠陥が発見された場合には、
法的に減額やキャンセルが認められるケースがあります。

ここでいう重大な欠陥とは、修復歴ありに相当する損傷、メーター改ざん、水没車など
これらを知っていて伝えなかった場合です。
新車で購入して、自分しか乗っていないワンオーナー車であれば、
売る側が意図的に隠さない限りこういった危険性はありませんが、
中古車で購入してその時点から、知らされずそのまま査定を受け、
査定士も気付かずに、契約完了後のチェックなどで発覚する場合です。

このように書いてみると、稀なケースのようにも思えますが、
中古車購入の車では意外に多いトラブルとなっています。

大手業者のガリバーでは、こういったトラブルのための保証制度も用意されていますので、
不安に思える場合には、利用することをお勧めします。 また怪しいと思える箇所が特定できる場合は、
査定の段階で査定士にしっかりと伝えることで回避できるともいえます。

買取サイトリンク

http://fuyouhin-kaishuu-takumi.net/